未分類

自分の時間を今より3倍増やすには家事の時短しかない!

Pocket

「今日も睡眠3時間」

育児も家事も大切なのは分かっている、でも自分の時間が全くない!

誰からも感謝されない、もちろんお金にならい家事。

そんな不満を抱えながらの毎日をどうやって楽しめばいいのか。

 

あなたはの気持ちは分かります。

こんな辛くて苦しい思いをしていませんか?

  • 「主婦のみんなやってる」そう言い聞かせながらなんとか1日を終わらせては朝を迎える。
  • 時間に追われる毎日、これっていつまで続くのか。
  • 家事も育児も辛いけど終わりが見えないから負担でしかない。
  • 子どものことを一人ですべてを抱え込むのはしんどい。
  • まわりの友達はキラキラしているのに自分は綺麗じゃない
  • 全てを完璧にしないと怠けていると思われたくない
  • 疲れすぎて仕事でミスをしてしまう

 

 

 

どうですか?

どれも忙しいママに当てはまることばかりですよね。

家事の手抜きを上手く取り入れながら少しでも休める時間が増やすんです。

窮屈に感じている毎日が必ず楽しく変わっていきます。

あなたにも楽しい毎日が待っています。

 

「このままでは倒れそうな気がする、でも座っている暇はない」

「今終わらせておかないと、後でしんどい思いをするのは私」そんなことを考えているとやるしかない。

1日24時間あっても家事も育児もすべてを完璧に頑張ろうとすれば時間なんていくらあっても終わりませんよね。

 

それでも家族のために頑張ってしまうんですよね、一人早起きをして朝食の準備、子どもや旦那さんのお弁当をつくる。

 

子ども達が起きてきたらご飯を食べさせて、着替えに歯磨き、それから保育園や幼稚園に送っていく。

全員が行ってからは洗濯に掃除に買い物。

 

そして家事には名もなき家事もあるのを知っていますか?

クリーニングや銀行の振込など日中にママがしておくことはたくさんです。

 

それらをこなしているとあっという間にお昼です、急いでお昼をたべて夕食の準備をしていたら子どものお迎えの時間がやってきます。

 

子ども達が帰ってくれば、習い事の送迎や遊び相手に。

ママの時間なんてほとんどありません。

 

これって多くのママが悩んでいるはずなのに、解決策を見つけずにいるんですよね。

結局、無理をしてでもやってしまうんです。

「ラクをしたい」そう思っている主婦は多いはずです。

 

家事や育児は母親だけがするなんて無理

「しんどくても、休みたくても私がしないと誰もしてくれない。」

ここ数年で「イクメン」や「ワンオペ」など家事や育児に関係する言葉がでてきていますよね。

でも、どれだけいい方法を知っていても結局自分一人で家のことをしてしまうのが母親です。

 

その考えを持ち続けていれば、いつまでもあなたが楽しめる時間はありません。

もっと他に頼る、無駄な家事を見直す、そうすることであなたの毎日はきっと変わっていきます。

 

不満を抱えているだけでは悪循環なだけ。

「家事も育児もママの仕事」という考えがまだまだ根強い日本です。

楽をすることに負い目を感じるかもしれませんが、もう少し自分を大切してもいいんですよ。

自分を優先してしまうと他の事が疎かになってしまうかもしれない。

そう思ってしまう気持ちもわかります。

 

でも、そもそも家事はママのだけの仕事ではありません。

ママが一人ですることが定着していると家族の考えを動かすことは大変かもしれません。

 

家族にお願いすれば嫌な顔をされたり、面倒がられる。

そんな態度をされるとお願いする気持ちもなくなります。

そこでママも諦めてしまうのです、でも家族も話せば分かってくれます。

 

まずはママの大変さを分かってもらいましょう。

きちんと話すことできっと家族にも伝わります。

私の友達家族は何もしない家族にも家事の分担をスタートしました。

 

始めは効率が悪いな、、、と思ったそうですが日に日に子ども達や旦那さんのペースがアップしてきたそうです!

掃除箇所や作業の分担を決めることで、各自が持ち場に責任を持つようになり、ママの大変さも伝わったとか。

 

休みの日や連休初日に大掃除をすることでママの時間も増えるんです。

まずは「一人でやる」という考えを捨てましょう。

家事に持っていかれる時間はこんなにも!

 

毎日、家事に使っている時間を知っていますか?

これは平均になるのですが、平日で夫が37分に対し、妻は約4時間23分という結果がでています。

私達主婦は夫の5倍近く働いているのが現状です。

 

そしてこれにプラス、育児や仕事があればもう、自分の時間なんて過ごしている暇なんてない。

 

どうやって自分の時間を作ればいいかなんて考えるのもしんどいですよね。

ここまでくれば諦めてしまう「きっと私がゆっくりする時間なんてないんだ」と。

 

 

では家事を減らすにはどうすればいいの?

自分が楽しむためにもまずはいらない家事に注目!

これが大切なんです。

毎日していると当たり前になってしまい実はやらなくていい家事に気が付きにくくなってしまうんですよね。

そこで、まずは「家事を最低限にしてみる」。

 

辞めてみて初めて「これって時間をかけなくてもよかったんだ」と気がつくことがあります。

 

まずは、家事の優に順位を決めてみましょう。

「あれ?これって毎日しなくてもいいかも?」といらない家事が見えてきます。

もちろん必ずやらないと気がすまない家事もあります。

 

それは人それぞれ違うので、まずは家事を削ってみる、それから時間をあまりかけなくてもいい家事が決まってきます。

 

家事を減らせば自分の時間ができる

家事を減らせば自分の時間が増えてきます、わかっていても毎日のルーティンになっていると流れでやってしまう。

 

でも、ちょっと想像してみましょう!

自分の時間が1時間できれば何がしたいですか?

 

「ゆっくり紅茶を飲みながら本を読む」「ヨガやストレッチ」「寝る」どんなことでもいいので、自分が楽しむことを想像してみましょう!

 

逆に「この時間は自分のことをする」と決めてから日中の作業を決めてもいいですね。

「家事が終わってから、ゆっくり自分の時間を過ごす」のではなく、先に楽しい計画を立てちゃいましょう!

その為にも家事を減らす必要があります。

それの方法を今からお伝えしますね。

どの家事を減らそうか?

私は掃除も苦手、なので初めに思いついたのは家事代行でした。

「お金はかかるけど、プロにお掃除をお任せすればすごくラクなはず!」と考えたのですが。

 

その前に見られたら恥ずかしい場所をあれこれ掃除をしないといけないと気が付きました。

書類の整理や無造作に置いている物を片付けておかないとお家に入ってもらえない。

 

そう考えていると「知らない人が家に入るのって面倒だな」と思ってしまって。

結局家事代行は私には帰ってストレスになるとおもいやめました。

 

結局自分にとって嫌なものは楽であっても利用しないのが一番ですね。

 

私がたどり着いたのは食材宅配サービス

 

家事の中で毎日必要なのは料理です。

でも、大変なのも料理ではありませんか?

 

私はきっと食材宅配サービスを利用していなかったら育児や家事に追われるボロボロのママでいたはず。

 

しかし、小さい子どもがいれば食事の用意は必ず必要になりますよね。

仕事で帰りが遅くなったり、子どもの習い事の送迎で調理時間が限れている、忙しいママの時間にとって夕食の準備って結構大変です。

そこでおすすめなのが食材サービスです。

最近では兼業主婦の方も増え、共働き家庭はもちろん専業主婦の方にも人気のサービスです。

決まった曜日にあらかじめ注文しておいた食材が届くシステムになっています。

 

子どもが小さいとお買い物も大変です、仕事で帰りが遅くなったときに買い物をしている余裕はありません。

「お腹が空いた!!」と子どもがが騒ぎ出せば焦る!!!

 

「こんな時は手っ取り早く冷凍食品に頼りたいけど、、、。」

「ご飯を総菜に頼るなんて、、、」と思う気持ちが自分を苦しめてしまうんです。

これに頼ればストレスなく家族に料理が出せる、と前向きになってみましょう!

 

 

他の方の口コミをご紹介

食材宅配サービスを利用してメリットとデメリットがあります。

利用されている方のコメントもまとめてみました!

 

まずはデメリットから

・家族の人数が多いと注文数が増える。

・常にストックしておかないと不安になる。

 

次はメリットかですよ。

・疲れて何もできないときの救世主です。

・旦那より役に立つ

・夕食を考えなくていいので、助かる。

・栄養バランスがいい。

・使い切りだから無駄がない。

・調理時間が短いので、家族を待たせることがない。

・不在でも受け取ることができるから帰宅時間を気にしなくていい。

・定期購入もあるので、買い忘れがない。

 

 

 

忙しいのは当たり前じゃない!

確かに、主婦は忙しいです。

自分の時間なんてありません、でもほんの少しでも落ち着いて椅子に座れる時間があればその後のバタバタした時間を乗り越えられるんです。

 

朝から、寝るまで動きっぱなしで髪もボサボサ化粧も落ちて。

自分の姿を見る時間すらないなんて私は嫌でした。

もっと自分も家族と同じくらい大切にしようと思ったんですよね。

 

あなたも、きっとそんな時間ができれば心にゆとりが生まれます。

ラクをしてもいいんです。

誰も責めません、むしろあなたは素敵なママです!

 

育児や家事や仕事の両立をしながら自分時間も大切にしていきましょう。